ニュース&イベント

2019-2020年度サマリーセレモニー (Test)

2020年7月24日午前、ビントーセンターは2019-2020年度の最終式典を86人の生徒に向けて行いました。式典には、センターの教師と学生のほかに、プログラムの代表であるル・ティ・タオ氏、プレミア石油会社のデビッド・ケネディ・ディレクター、7人の従業員、2人の教師が英語、日本語、アン・ヴィン(小井ケヤ社を代表する)を教えるボランティアをしました。
ヴ・ティ・クオン姉妹は生徒の学習結果を報告します。COVID-19の影響により、センターの活動が変わったため、学年の学期IIは2020年24月7日まで続かなければなりません。しかし、センターは引き続き学生のプログラムを完全に実装しています。
    
健康の面では、子供たちは虫を与えられ、流行を避けるために衛生を保つ方法を指示されます。優れた学業成績を収め、芸術エミュレーション運動に積極的に参加した学生に賞を贈っています。5年生は姉妹,センターの教師,寄付者に感謝の意を表しました。
プレミア石油会社のデービッド・ディレクターは、センターの学生を歓迎し、常によく勉強しようとすることを思い出させました。会社は彼ら一人一人に漫画の本である贈り物を与えました。また、各学生はPISからブリーフケースを与えられ、鯉ケヤ社は彼らに軽食を与えました。
    
学生のパフォーマンスやプレミアオイルの従業員の楽しい活動のおかげで、セレモニーの雰囲気はよりエキサイティングでした。
式典の最後に,クオン姉妹は彼女,教師,ボランティア,ドナーに感謝し,生徒たちに幸せな夏を願いました。

続きを読む...

学校に戻る (Test)

あなたが彼らの夢が何であるかについて彼らに尋ねる子供たちのほとんどは、彼らは本当に答えることができません。彼らが知っているのは、彼らが一日を通して生きるために稼ぐことができるわずかな金額で両親を助けることだけです。FFSCが支援するすべての子供たちは、彼らが学校に通うことを受け入れることができるように、論文、宣言文書を持っていない人です。彼らは生活環境が困難な、その場しのぎの家に住んでいる。彼らはどんな子供も持つ必要がある完全な人生を持っていません。しかし、彼らはまだ私たちが持っているものに非常に満足しています。何が起ころうとも、私たちがより多くを与えることができれば、FFSCプログラムは子供とその家族がより明るい未来を持つのを助けることができます。
そのため、2017年6月20日から8月31日までです。FFSCは、ファット・ホイビン・アン・センターで200人以上の子どもたちの教育を支援することを目的とした「バック・トゥ・スクール」イニシアチブを実施しました。そして、結果は達成されました:
+ iGiveキャンペーンのための1,000人の個人ドナー
+ ビジネスマッチキャンペーンの10のビジネススポンサー
募金イベント「過去、現在、未来」のゲスト150名
それだけでなく、毎年FFSCは1,200人以上の子供たちを学校に送り、教育の質を向上させ、ホーチミン市の恵まれない子供たちのための機会を作り出しています。

続きを読む...