概観

想像してみよう:自分の故郷を離れ、仕事がまだ見つからない状態で、都会の苦しい生活に行くことを。

想像してみよう:あなたは移民なので、自分の娘が学校に行けないことを。

想像してみよう:出生証明書を持ってないので、あなたの息子が入学できないことを。

想像してみよう:毎晩あなたの家族が帰って休むところは、病院であることを。そこは無料であるから。 

驚くべして、その事実が存在している。現在、11,000名を越えるストリートチルドレンがホーチミン市で働き、住んでいる。ほとんど毎晩疲れていて、お腹がへっている状態で家に帰る。社会悪に巻き込まれ、そこから退出するチャンスが少ない。栄養失調で、教養やヘルスケアに欠ける子ども達が、生きていくためにとても若い時から苦労しなければならない。貧困の輪の中で、その子たちの両親が生きてきた人生と、自分と自分の将来の子供たちの人生が、また同じように巡ってくる。

その状況を憂い、社会のシステムの渦に巻き込まれた子供達を集めるために、1984年にTran Van Soi氏 がストリートチルドレン友の会(FFSC)を創立した。宗教、民族を問わず、全ての子供たちは国民であり、生きる権利と尊重してもらう権利を持っているという目標を持って。

ストリートチルドレン友の会は、教育の力を信じている。一人の子どもに十分な教育を与えることができれば、その子は残酷な運命から逃れられる。私たちの目標は、ストリートチルドレンを助けるだけでなく、子供達がストリートチルドレンにならないようにすることである。孤児や家を持たぬ子供たち、劣悪な環境にいる子供たちを育て、世話をする寄宿舎を運営するだけではなく、適切な教育を受けられるように、クラスを開設している。知識と人格を、包括的に育てられるようにする。子供にとっての教育の大切さを、保護者達に認識させ、家庭や子供をケアするスキルを身につけてもらうクラスも行う。このように、私たちは経済的に恵まれない子供たちが、社会悪に巻き込まれないような活動を行っている。

初めは小さいセンターから始まったストリートチルドレンへの援助活動。約30年経った現在、FFSCは7ヵ所の能力開発センターを持ち、1つの社会事業を展開するまでになった。現在、ホーチミン市内で1,300名を越える子供たちや家庭のケアを行っている。ただ、私たちの努力は市内に住んでいる恵まれない子供たちの数に比べれば、まだまだ充分ではない。私達の目的を達成するために、また活動を継続していくために、遠くの方々からでも、個人・組合・組織を問わずご支援、ご協力をいただければ幸いである。