歴史

 

1984―2004

チャン バン ソイ氏が会長として、ストリートチルド友の会(FFSC)を創立

1984年

最初の能力開発センターを、ホーチミン市の25タック ティ タン 1区で開設

1989年

施設を拡大し、別の能力開発センターを27A/1 グエン フー カン タンディン地区 1区に開設

1991年

76 キューフォー 1, トゥティエム地区, 2区にてトゥーティム能力開発センターを、265A レダイハン 15地区 11区にてフートゥ能力開発センターをそれぞれ開設

1992年

5ヵ所目のファンヴァンハイ能力開発センターを、ビンチャン区で開設

1993年

204/39 13番通り 26地区 ビンタン区に事務所を設立

30B/1, Hiep Binh Chanh ward, Thu Duc distビンチュウ能力開発センターをで開設した。

A8-11,キューフォー 8, レミンスアン地区,  ビンタン区にて、レミンスアン能力開発センターを開設

1994年

24/9 50番通り ビンフン地区 ビンタン区にて、ビンフン能力開発センター開設

No.77 キューフォー 5, フック ロン B地区 9区にて、タンフオン能力開発センターを開設

タンディン能力開発センターが、ストリートチルドレン友の会から分離

1995年

 ストリートチルドレン友の会の事務所は140/97(現在は140/4) ボー ティ サウ 8地区 3区であるここはソイ氏の家であり、ストリートチルドレン友の会の活動の事務所として提供された

 

1997年

ホーチミン市カトリック団結委員会の傘下で能力開発クラス、職業訓練クラスと児童寄宿舎を持ち、活動することを認められる

30B/1, ヒェップ ビン チャン地区トゥドゥック区で活動開始

1998年

タンフー能力開発センターをタンフー区に開設2000年 分離

2001年

27/9 キューフォー 1, ビントー地区 ドゥードゥック区にて、ビントー能力開発センターを開設

2002年

ビントー能力開発センターはストリートチルドレン友の会から分離

2003年―2004年

ファンヴァンハイ能力開発センターとレミンスアン能力開発センターは、地方改革のため1年間で活動を中止

2005

シスター レ ティ タオ ストリートチルドレン友の会の会長に就任

2005年

2287(現在は3153/24)ファン テ ヒエン7地区 8区にて、ビンアン能力開発センター開設

15 トゥ ス-ン 7地区, 3区にて、トュスオン能力開発センター開設

2006年

ビンフン能力開発センターは自己運営能力を持ったので、ストリートチルドレン友の会から分離

製品工場発展

レミンスアン能力開発センターのクラスを中止したが、地方の政策に沿う奨学金支給は続けているレミンスアン能力開発センター長、ファンヴァンハイ能力開発センター活動責任者兼任

2007年

69 ファン フイ イック15地区 タンビン区にてドッコム ホープ開設

2008年

タンフオン能力開発センターのクラスを中止したが、地方の政策に沿う奨学金支給は続けている

2009年

事務所に、社会活動の資金を募ることとボランティアのための住居を提供する目的で、ゲストハウスを併設

2010年

製品工場 3153/4 ファン テ ヒエン 6地区, 8区に移転

2011年

トュスオン能力開発センターと ドッコム ホープは自己運営能力を持ったので、ストリートチルドレン友の会から分離

2010年

ストリートチルドレン友の会の製品工場を、「社会事業」に名称変更