資金援助

 

FFSCで行われているプログラムは、ホーチミン市に移住して来た家族のためです。一般的に子供たちの両親は、貧乏な労働者あるいは宝くじの販売や行商など、安定しない仕事をしている人達です。したがって両親を手伝うために、ボトルなどを収集したり、宝くじや新聞の販売を行ったりする子供もいます。将来のために学校に行く重要さは理解していますが、全ての家族が子供を学校に行かせられる条件を与えられているわけがありません。

FFSCは特に困難な状況を持っている子供たちに資金援助をしてくれる人を探しています。

一人または何人かの子供のスポンサーとして、あなたがあなたなりの協力で私たちと一緒にこの子供たちのより明るい将来を変えましょう。

 

  • 一人の子供の勉強をサポートする

子供の家族の希望と生活状況によって、あなたの支援で一人の子供が私たちの能力開発センターか、公立の学校に通うことが出来ます。

 

  • グループの子供たちのサポートをする

学生や大学生を支援したい場合は、個人あるいは親類、同僚、友達などを呼びかけて、グループで支援することが出来ます。この支援はもっとも困っている家族を支援する為、家族の困窮を減少させます。また、子供たちの勉強する動力にもなります。

 

  • あなたがスポンサーになって、子供に何を与えるか

–          普通の奨学金は学習費のみに使われていて、家族の生活費には使われていません。

–          1ヶ月3000円(又は30ドル)の援助資金は、学生たちの学費や学校に関連する物の費用(制服、文房具、保険料など)を援助したり、課外活動に参加できたり、健康診断や病気の治療が受けられ、グループ活動と里親ミーティングなどに参加できるように援助します。

 

  • FFSCはどうやって子供たちを選びますか

ソーシャルワークスタッフは奨学金の申請書の記入を完成させます。申請書には個人の情報、家族の状況、学習の条件と各学期の学習費を確保する金額も記入します。FFSCは責任を持って、事務所でその子供と家族の面接、あるいは家族の住んでいるところまで行って面接を行います。各申請書は子供の状況と社会基準をもとにして判断します。

 

  • どうやって子供たちを支援し続けますか

奨学金を受けた子供は、学校でいい成績を獲らなければならないので、事務所に成績表を送る必要があります。子供の両親は毎月FFSCのセンターの会議に参加しなければなりません。また子供たちも年3回の講習会に参加しなければなりません。2回は奨学金を貰うことで、1回は生活習慣(衛生面)についての講習会です。

 

  • スポンサーのお父さん/お母さんと子供たちの間の連絡のために、何をしますか

毎年、あなたに子供の1枚の写真と手紙(スポンサーののお父さん/お母さんの国の言語に翻訳される)が送られます。それは子供の状況、勉強の進行状況と学校の活動、住んでいるところについてのニュースレターです。(3ヶ月に1回)

  • あなたが援助している子供に会いたいのなら、私たちは喜んでサポートいたします

 

 here からフォームがダウンロードできます。尚  scholarship@ffscvn.org までメールにてお問い合わせください

7日間以内にご連絡いたします 

 FFSCとのご協力ありがとうございます